コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

WT秋から再開

新システム法案・今国会提出阻止
政府は、今国会での新システム法案の提出をほぼ断念しました。
しかし、検討会議中心メンバーは、法案提出の実現を目指し、検討会議基本制度ワーキングチーム(WT)の「中間とりまとめ」(案)を7月27日の検討会議での確認をへて、閣議決定に準ずる“少子化対策会議”で決定する形に持ち込みました。
さらに秋までに、課題とされている地方自治体の負担や事業者負担の問題を個別に協議し、WT再開に臨むもようです。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

新システム7月6日
7月6日にWTの会合がひらかれました。
それによると、「平成23年度中に法案の提出。平成25年度をめどに施行をめざす。」「具体的な記載を加える」ことで、合意されました。
コンテントヘッダー

県内19市で日曜保育実施

日曜保育を県内19市で実施
6月13日の静岡新聞で、東日本大震災や原発停止による影響で、計画停電が行われます。その為、保護者の中で日曜勤務があり保育の希望者が静岡市ないで60名位ありました。
静岡市では、公立保育園 3ヵ園が(中田・有度北・蒲原東部)3か月限定で日曜保育の受け入れをします。
再度、入所児全員に保育の希望者には利用申請書を提出することになりました。
人数によっては、保育園の箇所を縮小するそうです。
コンテントヘッダー

制度「改革」の動向

こども園は多様な施設
5月11日のWTは、幼保一体化の在り方に再提案をしました。
これまでの幼保一体化した施設を「こども園」としていたが、保育企業からの「認可外施設が『こども園』になれないのは差別的」の声に
①一体化した施設を「総合施設」
②その総合施設・保育所のまま残る乳児保育所・幼稚園、指定基準をクリアした認可外施設も「こども園」と呼称されます。
また、「幼児教育」といわずに「学校教育」とする。
新システムに関する議論は、5月一杯で終了し6月末とされている社会保障と税の一体改革の成案づくりに合わせると思われます。


保育・子育ての集い
6月12日 静岡市のアザレア保育に関わる人たちの学習・交流会が開かれます。
午前中は、「こんの ひとみ」さんによる記念コンサート(NHKのみんなのうたにも出ています)

午後は5つ分科会・講義に分かれます。
①食の問題
②気になる子 子育ての悩み
③小学校と幼児のつながりでつけたい力は?
④保育制度の学習
⑤おのりんと楽しく親子遊び
等予定しています。当日参加も受け付けています。
コンテントヘッダー

一括法案採択

一括法案が採択されました
4月28日に参院本会議で「国と地方の協議の場」設置法などの地域主権関連3法が可決成立しました。
「順守すべき基準」には待機児が多く地価が高い地域は、2014年度までの特例処置としています。
「こどもの詰め込みにつながる」と懸念されています。


運営費より義援金拠出OK
災害義捐金を運営費より拠出することが、認められました。
神戸市市立保育園連盟では定員×2,000円の支出を呼び掛けています。
運営費から義捐金を出すことは、運営費自体の減額に繋がりかねません。
義捐金は、あくまで個人の善意の範囲で行いたいものです。他の地域はどうか現在確認中です。

県保団連総会開かれる
4月29日に県保団連の総会が開かれました。
新会長は石原さん(静大)です。事務所維持・専従の後任・情報の発信課題等、
活発な意見がだされました。
午後には、駿府公園で「新システム」反対集会に参加し、市民に広くアピールしてきました。

プロフィール
静岡県保団連は、すべての子供の健全な発達を保障するために、子供の幸せを願う団体や個人の連絡を密に、 保育者と父母の連帯をはかり、保育・教育内容をの向上、保育者や指導員の待遇改善等、地域に根ざした 保育・教育運動を進めることを目的に創設された静岡県の保育団体の連絡会です。

静岡県保団連

Author:静岡県保団連

FC2カウンター
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。